会議所とともに


〜平成27年新年祝賀会〜

新年に懸ける期待感で熱気


 青森市、青森商工会議所、青森市浪岡商工会共催の「平成27年新年祝賀会」が1月5日、ホテル青森で開かれ、参加した政界はじめ金融・経済団体、商工業関係者ら約820人が商工業界のさらなる発展を誓った。
 鹿内博青森市長が「北海道新幹線開業をビッグチャンスとして捉え、新幹線開業効果を最大限に享受するため、『こころ ハネる 青森』をキャッチフレーズに観光プロモーションを重点的に進めていきたい」とあいさつ、来賓の三村申吾知事が「2016年春の北海道新幹線開業を八戸駅、新青森・七戸十和田駅に続く“第3の開業”と位置付け、官民一体となって盛り上げよう」と祝辞を述べた。
 関係者らが景気回復への期待を込め鏡開きを行った後、若井敬一郎青森商工会議所会頭と一戸善正青森市浪岡商工会長の音頭で声高らかに乾杯した。
 会場は新年に懸ける期待感で熱気に包まれ、出席者らがあいさつを交わしながら「実りある一年にしよう」と誓い合った。


まえへ    トップへ    つぎへ