CONTENTS  2014 October

商工プラザ

・青年部からのお知らせ
・青森商工会議所カレンダー
・青い森の風景

目次 1 ・表紙写真は語る(大型竪穴建物跡内部)
・やまびこ

特集 2 ・「健康経営」推進フォーラム ・「短命県返上特別講演会」11月開催

短命県返上を目指して 3 ・今を変えれば!未来は変わる!⑦

会議所とともに 5 ・第553回相談役・常議員会
・ANA活用の誘客推進事業
・第3回パートナーシップ構築懇談会
・宮崎商工会議所議員が青森視察
・経営者協会からセミナーのお知らせ
・まちなかキャンパス10〜11月講座
・アクサ生命からのお知らせ 

明るい経営を目指して 14 ・年末移動経営金融相談所
・就職・雇用関連セミナーのご案内

観光コンベンション情報 16 ・ねぶた下絵コンクール
・イベント情報

会員ひろば 17 ・新入会員紹介  
・会員の住所等変更のお知らせ  ・商工サロン放映日程

経済データ 18 ・LOBO調査結果  
・県内主要経済指標  
・ 青森市の人口と世帯数

情報ピックアップ 20 ・訃報 出町常務理事が逝去 
・数字パズル  
・ 編集後記

[付録] (1)消費税セミナー
(2)NPO法人青森県就労支援事業者機構からのお知らせ


青年部からのお知らせ

東北大会で青年部が「まじわっぺ大賞」を受賞

夏の八甲田・田代平  平成26年9月26日から28日に開かれた日本商工会議所青年部第33回東北ブロック大会(福島いわき大会)において、青森商工会議所青年部が「輝け!いわき・まじわっぺ大賞!」最優秀賞を受賞した。この賞は東北管内の各県から代表の青年部1単会が選出され、地域を活性化させるための取り組みを発表する事業で、天童大会に引き続き、2回目となる。各県からの事業提案がされる中、青森商工会議所青年部「青森安潟みなとまつり」を青森県として推薦、当日のユーモアあふれるプレゼンテーションと地域に根差した活性化策が高く評価され、本受賞となった。


夏の八甲田・田代平 青〜い森の風景

今月の風景は色鮮やかに染め上げられた「秋の弘前公園」です。

園内には紅葉の美しいポイントがたくさんあり、夜にはもみじと桜の紅葉の特別ライトアップ(18日〜11月中旬まで)が行われます。春の桜が有名ですが、実は秋の紅葉も最高に美しい。


青森商工会議所カレンダー
(2014. 10.14 〜11.25)

10月

14日(火) 正副会頭会議 (15:00〜 2階会議室)
24日(金) 第554回相談役・常議員会 (13:30〜 2階会議室)

11月

14日(金) 正副会頭会議 (15:00〜 2階会議室)
25日(火) 第555回相談役・常議員会 (13:30〜 国際ホテル)

表紙写真は語る─────────縄文遺跡群を世界遺産に

大型竪穴建物跡内部

 三内丸山遺跡からは長さが30m以上もある大型の竪穴建物が見つかっています。床面積は150畳もあり、約300人が入れる大型の建物の中では、何が行われたのでしょうか。共同の施設であったと考えられていますが、詳しい用途の結論は出ていません。炉跡も大型のものが見つかっています。

約300人収容の広さ

会員募集中!─世界遺産をめざす会(017・783・3339)

やまびこ

陸新幹線(長野−金沢間)が来年3月14日開業する。
 新幹線が停車する沿線では、開業を目前に控え、活況を呈しているようだ。
に、終着駅となる金沢市では、駅西口が2014年の基準地価で、全国商業地の上昇率がトップになったことが話題となった。
六園や繁華街「香林坊」がある東口と違い、西口は、これまでは閑散とした雰囲気であったということであるが、新幹線開業を見据えて行った「金沢駅西広場整備事業」をはじめ再開発事業が功を奏し、新幹線効果と相まって、ビジネスホテルや駅東側から移転する北国銀行本店など、今秋から来春にかけて完成するビルで、建設ラッシュとなっているようだ。
沢市が策定した平成19年度から開業までの「金沢魅力発信行動計画」により、新幹線開業対策が進められ、特に、開業まで残り3年となった段階では、カウントダウンミッションと銘打ち、「都心軸の再整備の促進」「定住促進への取り組み強化」「プロモーションのさらなる強化」「開業に向けた機運の醸成」の4点に絞り込み計画的に活動したことが、好結果をもたらしているようだ。
陸地域にとっての新幹線は、私たちが5年前に、開業を何十年も待ち望んだ新青森開業と同様の想いでいるのだと思う。北陸新幹線停車駅の自治体には、ビッグプロジェクトが完成を迎える瞬間が目前と言ったところだろう。
が青森市も、北陸新幹線開業の翌年度には、北海道新幹線開業という本県第3の開業を迎える。さすがに、新青森開業と同様の気分の盛り上がりとはならないかも知れないが、震災により、効果獲得には物足りない状況となっただけに、北陸新幹線開業が落ち着いたら、次は、北海道新幹線開業と全国にアピールしていきたい。
なみに、金沢魅力発信行動計画は、緻密に行動計画を見直ししながら進めたようである。我が青森市も北海道新幹線開業効果を勝ち取るため、緻密な青森市民が一丸となれる行動計画が必要なのかもしれない。

(H.H)


つぎへ