会議所とともに

青森商工会議所議員研修会

果たすべき役割と使命を学ぶ


 商工会議所の役割と使命について学んだ「議員研修会」

 青森商工会議所は3月28日、青森国際ホテルで「議員研修会」を開いた。同日開催の「相談役・常議員会、通常議員総会」を前に、商工会議所の使命や役員・議員が果たす役割等について認識を深めてもらおう—と実施した。

 講師の青山伸悦日本商工会議所理事・事務局長が「商工会議所の役割と使命について」と題して講話した。

 青山理事は「実業界の意見集約を図り、日本の国際的地位向上のため明治11年、『東京商法会議所』が誕生した」と商工会議所の歴史・原点に触れ、「今では全国514カ所、126万事業所を擁する全国ネットワークを形成している。商工会議所はこのネットワークの力を活用し、地域経済社会の発展を実現できる唯一の団体」と強調した。

 また、「少子高齢化・人口減少社会の進展、経済のグローバル化・㈵T化など技術革新の加速など会議所・企業を取り巻く環境は大きく変化している」と指摘した上で、「商工業者の意見を集約して政府や自治体に対し意見を具申する政策提言、中小企業の活力強化、行政・市民と連携した地域を守る活動—が会議所の主なミッション。役員・議員はその中核的役割を担う地域のリーダー」と語った。

 時代の要請に応える商工会議所のあるべき姿については「中小企業の活性化こそが我が国経済のダイナミズムの源泉」と強調、「中長期を見据えたビジョン(方向性)を描き、地域経済活性化に貢献することが会議所の存在を高めることにつながる」と話した。

 最後に消費増税について触れ、「軽減税率など複数税率の導入は関係事業者を含む国民の理解を得る必要がある」との認識を示した。

 研修会に臨んだ出席者らは、企業と地域社会を結ぶパイプ役としての会議所の役割、新しい時代にふさわしい会議所の在り方などについて真剣に学んでいた。


平成26年度会費のご納入について(お願い)


 本年度会費の請求書を4月1日付けで発送させていただきました。期日までのご納入にご協力くださいますようよろしくお願い申し上げます。当所の事業は会員皆様の会費で運営されておりますので、今後ともご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

  1. 会費納入時期について
    口座振替の場合(口座振替のお知らせハガキをご確認ください)    
     平成26年4月21日(月)
    請求書・納入通知書の場合    
     平成26年4月30日(水)までにご納入ください。
  2. 会員情報の変更について   
    会員情報の変更等につきましては、お手数ですが総務企画課まで、電話にてご連絡下さい。
       (TEL 734−1311)



まえへ    トップへ