CONTENTS  2014 January

年頭所感

1

・若井敬一郎青森商工会議所会頭
・三村明夫日本商工会議所会頭

特集 3 ・2014年新春座談会

会議所とともに 9 ・まちなかキャンパス好評開催中 ・当所議員・常勤役員紹介
・平成26年新年祝賀会  ・第545回相談役・常議員会
旬・冬のあおもりイベント続々

明るい経営を目指して 18 ・マル経融資制度のご案内
・「消費税率引き上げと中小企業の転嫁対策」

女性会「雪華」 10 新年によせて・元木会長あいさつ

観光コンベンション情報 10 ・第24回八甲田ウォーク

会員ひろば 12 ・新入会員紹介 ・会員の住所等変更のお知らせ
・商工サロン放映日程

経済データ 9 ・LOBO調査結果 ・県内主要経済指標
・青森市の人口と世帯数

情報ピックアップ 10 ・青森市ベイエリア地区で光のファンタジー
・数字で脳トレ  ・編集後記

謹賀新年広告    

[付録] (1)映画鑑賞会 (2)青森県立保健大学公開講座 
(3)絶対受注できる名刺作製法 
(4)金融機関と上手に付き合う経営者とは?


岩木山神社・弘前市百沢 青〜い森の風景

今月の風景は、弘前市百沢の「 岩木山神社 ( いわきやまじんじゃ ) 」です。

宝亀11年(780年)に岩木山の山頂に社殿を創建したのが起源とされ延暦19年(800年)坂上田村麻呂が再建し、江戸時代に津軽藩主為信たちにより大造営が行われ開運福の神として津軽の人々に崇敬されています。


やまびこ

年あけましておめでとうございます。
 昨年の暮れには株価が年初来の最高値を付けて終えるなど、アベノミクス効果が着実に浸透してきているものと思われるが、青森市の経済は一部で明るい兆しが見え始めているものの、全体としてはこれからに期待する気持ちが多いように思います。
年は、4月から消費税が3%アップし8%になり、経済にとって大きな課題を抱える年でもあります。
 円安の進行によって輸出型産業の売上が大きく伸びている反面、輸入品の値上げが続いており、原材料や電気料金の値上げが今後も続くものと予想される。
 4月からの消費税アップを価格転嫁できるかどうか、また、上昇傾向にある景気の維持ができるかどうかということに関心があるものと思う。
と社会保障の一体的な見直しは、日本の将来を考えると避けて通れない課題であることは、国民の一致した見方ではあるが、そのために景気低迷することはあってはならないことと思う。
方で、東京でのオリンピック・パラリンピックの開催による公共投資の加速化、北海道新幹線の開業、海外からの入込客が年間1,000万人を上回るなど観光面では明るい話題が多い。
た、昨年の暮れには、全日空が青森・大阪便、青森・札幌便の就航を表明し、それぞれダブルトラック化が図られ、利便性の向上が期待されるニュースもありました。
森経済の活性化のためには、人口減少社会の中で観光面での交流人口の更なる拡大による経済活性化が非常に重要な戦略である。
 昨年10月に開催した青森商工会議所創立120周年記念フォーラムでもこのことが強調されたところであり、青森市が更なる発展を遂げるために、今何をなすべきかを自問自答し、できることから積極果敢にチャレンジすることが求められているのではないか。
い、新年早々の「知事を囲む議員懇談会」において、知事から青森港を活用したロジスティクス戦略の構築を図ろうという新たな取組みの提案があり、若井会頭をトップとした新体制が全く新しい取組みにチャレンジしようとしている。
森商工会議所会員の皆様にとりまして、今年こそ景気上昇の気運に乗って大きく飛躍する年になりますように。

 (Y.S)


つぎへ