会議所とともに


第541回相談役・常議員会

 

青森職業訓練センター等の存続を要望

クルーズ船入港に対応した態勢整備の強化を

 青森商工会議所の第541回相談役・常議員会が7月23日、会議所2階会議室で開催。林光男会頭があいさつで「参議院選挙が終わった。政治が安定し、腰を据えた景気対策を期待したい」と述べた。「まちなかキャンパスの開催予定について」など9件の報告事項を了承、協議事項では、「クルーズ客船入港に対応した態勢整備事業について」など5議案を承認した。

[報告事項]

 ◇会議日程▽正副会頭会議=9月13日(金)15時〜2階会議室▽第542回相談役・常議員会、臨時議員総会=9月24日(火)13時30分〜アラスカ
(8月は正副会頭会議、相談役・常議員会とも休会)

 ◇「日本商工会議所第625回常議員会、第235回議員総会の結果=7月18日(木)開催。国際会議場(東京商工会議所ビル7階)

中小企業の挑戦後押しする税制求める

<平成26年度税制改正に関する意見(案)について>
 成長戦略の主たる担い手である中小企業の挑戦を後押しする6項目の税制措置を求め、具体的には新規創業・ベンチャー支援の拡充、中小企業の海外展開(新市場開拓)の支援、コンパクトシティの実現と中心市街地等活性化支援、観光振興に向けた税制措置の見直し−などの意見案を採択した。

<「全国商工会議所観光振興大会2013 in いわて」開催結果について>
 7月4〜6日、盛岡市で開催。「全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞」表彰式で大賞受賞の「青森商工会議所」はじめ静岡、下関、別府、延岡、東京、蒲郡の各商工会議所を表彰した。パネルディスカッションでは、「震災復興において観光が果たす役割」「大災害が発生した時の観光客の安全確保」の2テーマについて討議。「『絆』で観光による復興を加速させよう」—の“いわてアピール”を行った。

 ◇「青森職業訓練センター等の存続に関する要望」について=青森県商工会議所連合会、青森県中小企業団体中央会、青森県商工会連合会、一般社団法人青森県経営者協会、青森経済同友会、一般社団法人青森県工業会の経済6団体と日本労働組合総連合会青森県連合会は7月12日、田村厚生労働大臣に対し、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の青森職業訓練支援センター(ポリテクセンター青森)および東北職業能力開発大学校付属青森職業能力開発短期大学校(ポリテクカレッジ青森)の存続を要望した。

ハネト参加を呼び掛け

 ◇「平成25年度青森ねぶた祭」について=近年、跳人の減少傾向がクローズアップされていることから、ハネト参加を呼び掛ける「青森ねぶた祭活性化PR隊」の結成など祭実行委員会とねぶた運行団体による啓もう活動を実施。中心市街地や運行コース周辺への事業所に対し、飾り付け金魚ねぶた、フラッグの取り付けなど祭りムードを盛り上げる演出や雰囲気づくりへの協力を要請した。

好評「バル街」2回目は10月実施

 ◇「平成25年度第1回あおもりバル街事業」実績報告について=青森の「食」を活用した街歩き事業を実施し、食べ歩き・飲み歩きの誘発による街なかのにぎわい創出を目的に、6月28日、青森市中心商店街エリア内47店舗で実施。あおもりバル街事業実行委員会が主催、青森市中心市街地活性化協議会、青森市街づくりあきんど隊が協力した。チケット販売実績は前売券285部、当日券37部の計322部(1,291枚。バラ券含む)実施期間中にチケット使い残した顧客のサービスとして、一部参加店で700円分の金券として使用できる「あとバル」を実施した。第2回は10月開催予定。

◇「YASUKATA BAY FESTIVAL 2013」の結果について=7月19〜21日の三日間、青森市安方の青い海公園特設会場で盛況のうちに開催。来場者はブルースの本場、米シカゴから参加したミュージシャンによる演奏を楽しんだ。同27日は、家族や恋人へのメッセージを寄せた伝言花火大会が行われた。

◇「まちなかキャンパス」の開催予定について=青森地域5大学(弘前大、青森公立大、県立保健大、青森大、青森中央学院大)との産学連携事業として実施する「まちなかキャンパス」が9月から順次、開催する。会場は青森市のアウガ5階・青森市男女共同参画プラザ研修室、「ねぶたの家ワ・ラッセ」など。受講料は無料=詳細は特集面。

◇「平成25年度第1回知事と商工三団体との懇談会」について=7月31日、青森国際ホテルで開催。青森県中小企業団体中央会が「小規模事業対策予算および中小企業連携組織対策事業予算の拡充・強化」について、青森県商工会議所連合会が「北海道新幹線開通と北海道との経済交流拡大」について、青森県商工会連合会が「地域資源を活用した加工食品の販路開拓」について、要望書を三村申吾知事に提出した。

◇議員職務執行者の変更=蝦名正治氏(株式会社ホテル青森取締役社長)、木村勝美氏(株式会社建築住宅センター代表取締役社長)

[協議事項]

 ◇相談役の承認=蝦名正治氏(株式会社ホテル青森取締役社長)

◇参与の委嘱替え=松隈天氏(日本放送協会青森放送局長)

◇「クルーズ客船入港に対応した態勢整備事業」について=青森港は新中央埠頭岸壁を中心に毎年、外国人旅行者を含む10隻程度のクルーズ客船が寄港している。寄港する旅行者約8,000人(平成24年度実績、うち2〜3割が外国人)が寄港後、県内観光地を巡るのが主流になっているが、これら旅行者が利用する旅行商品は首都圏の旅行会社が造成した大型バスを利用したものが大半。このため、青森市タクシー協会、青森観光コンベンション協会、市観光課、青森商工会議所など関係者による協議会を設置し、域内での新たな消費獲得へ向けた態勢・仕組みづくりの整備を急ぐ。クルーズ旅行を企画・実施する運航会社や旅行会社との販売ルートを構築するほか、県内観光施設・飲食店など関係事業所と連携し、市内回遊型のモデルコース造成事業などを実施する。

◇相談役・常議員会と臨時議員総会の同時開催について=「第542回相談役・常議員会、臨時議員総会」は9月24日、午後1時30分からアラスカで開催。

◇新入会員の承認=法人5件30口。(13ページに新入会員名紹介)


永年勤続者を表彰

 青森商工会議所は7月23日、同日開催された相談役・常議員会に先立ち、永年勤続者を表彰した。被表彰者は次の通り。(順不同、敬称略)

▽勤続30年
 相談役 堀内 夫 丸大堀内株式会社

▽勤続20年
 副会頭 七尾三郎兵衛 東洋建物管理株式会社
 常議員 石川 栄一 中水青森中央水産株式会社
 常議員 奈良 秀則 株式会社エービッツ
 議 員 對馬 忠雄 つしま清香園茶店
 議 員 澤谷 俊英 東邦電工株式会社


まえへ    トップへ    つぎへ