CONTENTS  2013 July

商工プラザ

・夏祭りPRうちわ寄贈
・青森商工会議所カレンダー
・青い森の風景

目次 1 ・新規高卒者の雇用拡大を
・やまびこ

特集 2 ・2013青森ねぶた祭
・青森商工会議所が「全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞」受賞

会議所とともに 4 ・第540回相談役・常議員会
・青森商工会議所が青森地域5大学と連携協定締結
・第63回青森県商工会議所連合会会員大会
・青森商店街連盟総会 

明るい経営を目指して 14 ・中小企業庁・小規模事業者活性化補助金公募
・平成25年度小規模企業振興委員

雪華 14 ・四期目の就任にあたり

会議所とともに 4 ・青森エネルギー問題懇談会総会
・青森県原子燃料サイクル推進協議会総会
・「高年齢者雇用安定助成金」のご案内
・青森商工会議所の共済制度
・青森商工会議所「会員共済」夏の特別キャンペーン

会員ひろば 16 ・新入会員紹介 ・会員の住所等変更のお知らせ 
・商工サロン放映日程
・「親子サイエンスカフェ in あおもり」のお知らせ

経済データ 10 ・LOBO調査結果
・県内主要経済指標
・青森市の人口と世帯数

観光コンベンション情報 17 ・青森ねぶた祭個人観覧席好評発売中!  
・イベント情報

情報ピックアップ 12 ・中心市街地で第2回あおもりバル街実施
・編集後記

[付録] (1)消費税転嫁対策セミナー(2)風評被害賠償対象の見直しについて
(3)損害賠償説明会の開催について(4)平成25年度永年勤続推薦要項
(5)永年勤続優良従業員表彰推薦書(6)各種助成金活用セミナー


ベンセ湿原・つがる市木造 青〜い森の風景

今月の風景は、むつ市脇野沢地区の鯛島です。

 牛の首岬の沖合いに浮かぶこの島は、名の通り横から見ると、鯛が泳いでいるような形をしています。


青森商工会議所カレンダー
(2013. 7. 16 〜 7. 23)

7月

16日(火)

正副会頭会議(15:00〜 2階会議室)

23日(火)

第541回相談役・常議員会(13:30〜 2階会議室)

 ※8月は正副会頭会議、相談役・常議員会とも休会となります。


地元就職望む高校生の積極採用を

県などが県内経済団体に要請

 県、県教委、青森労働局など5団体が6月10日、県内経済団体に対し、「来年3月に県内の高校を卒業する就職希望者に対する求人提出および採用活動の早期取り組み」を要請した。

 青森国際ホテルで、三村申吾知事が「企業を取り巻く環境は依然として厳しいと認識しているが、一人でも多く採用してほしい」と語り、県商工会議所連合会、県商工会連合会、県中小企業団体中央会、県経営者協会、青森経済同友会、県雇用対策協議会の6団体の代表者に要請書を手渡した。

 県商工会議所連合会の林光男会長は「地元就職を希望する生徒を採用できるよう、経済界も全力で取り組む」と話した。

 青森労働局によると、県内企業を対象に行った来春新卒者の採用見込み調査では、回答した4,953社のうち、「採用予定あり」としたのは655社、採用見込み数2,336人で、今春の3割増の見通しとなっている。



やまびこ

本商工会議所が平成20年に創設した「全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞」の、平成25年度受賞商工会議所が6月に発表され、当所が最高賞である大賞を受賞した。今号に特集が掲載されているが、「のっけ丼」や「帆立小屋」事業等、事業化視点を取り入れながら、食文化や地域資源を活かした先進的な事業に挑戦し、現在は地元業者の自主的な運営がなされ、既に収益性のある事業として確立された点が高い評価を受けた。ぜひ、詳細をご覧いただきたい。
賞は全国一位の評価であり、地域資源を活用したさまざまな事業や観光振興活動に、全国各地の商工会議所が取り組む中、創立120周年という記念すべき年を迎えた当所にとって、将来に向けた事業展開の弾みとなる画期的な快挙であった。
挙と言えば、今年5月、青森市出身の三浦雄一郎さんが史上最高齢の80歳で、3度目となるエベレスト登頂に成功した。このニュースは、市民・県民に大きな感動をもたらし、さらに、すべての国民に与えた勇気や希望は計り知れず、一時、国民栄誉賞に推す声が出たほどの、まさに「傘寿の偉業」であった。
かし、報道によると、現政権が発足から4ヵ月余で長嶋茂雄氏など既に3氏に授与したことや、参院選が近づく中、選挙目当てとの批判を受けることを懸念したらしく、早々に見送り方針が示されたという。
県初の受賞を願った県民にとって残念な思いは残ったが、帰国後のインタビューで更なる夢を語り、衰えぬ好奇心を示すなど、冒険家としてのあくなき向上心を見せる三浦さんの姿を見ていたら、もしかしたら4度目が…と、つい期待してしまった。

 (S・K)


つぎへ