会議所とともに


第538回相談役・常議員会

 

今年は議員改選期。実りある選挙の年に

七尾副会頭に日本商工会議所が表彰

 青森商工会議所の第538回相談役・常議員会が4月25日、会議所2階会議室で開催。林光男会頭が「今年は議員の改選期でもあり、実りある選挙の年にしたい。会頭職も残り後6カ月。後進にバトンタッチしたい」とあいさつした。「青森操車場跡地利用計画に関する答申について」など9件の報告事項を了承。協議事項では、「平成25年度県連提出重点要望事項」など4議案を承認した。案件以外では、新設された「健康福祉衛生部会」新役員名簿について報告があった。会議に先立ち、当会議所の七尾三郎兵衛副会頭が役員勤続20年を務めた功労で日本商工会議所から表彰され、林会頭が七尾副会頭に表彰状を手渡した。

[報告事項]

 ◇会議日程▽正副会頭会議=5月15日(水)15時・2階会議室▽第539回相談役・常議員会、第99回通常議員総会、議員会定時総会、懇親会=5月23日(木)16時・青森国際ホテル

 ▽正副会頭会議=6月17日(月)15時・2階会議室▽第540回相談役・常議員会=6月25日(火)13時30分・2階会議室

本年度は事務局組織改編なし

 ◇平成25年度事務局組織について=平成25年度事務局組織は改編せず、24年度に引き続き、3部4課体制で業務を遂行する。

 ◇「第8回AOMORI春フェスティバル」について=5月5日、新町通り、昭和通り、柳町通りなど青森市中心街を会場に行う。今年は会期を一日に短縮し、青森ねぶた運行や人気のベリーダンス、よさこい踊りなどが華を添える。ファッションショー、ミニライブ、ゆるキャライベント、地産地消食堂、青空市場産直コーナーなどイベント多数=詳細は特集面。

 ◇「第7回津軽三味線日本一決定戦」について=5月3、4日の二日間、青森市のリンクステーションホール青森(青森市文化会館)で行う。今年度は新たな取り組みとして、決定戦終了後の4日夜、後夜祭「津軽文化の夕べ」を催す。歴代日本一奏者による演奏をはじめ、津軽三味線100人による大合奏、青森三大ねぶたの競演などが行われる=詳細は特集面。

「帆立小屋」調査事業が終了

 ◇「新青森名物帆立小屋事業化可能性調査事業」について=青森商工会議所が県の「むらおこし総合活性化事業」の適用を受け実施した新青森名物帆立小屋事業化可能性調査事業が終了した。同事業は昨年8月1〜7日、8月11〜16日までの13日間と今年1月19〜3月17日までの58日間、延べ計71日間実施。昨年は夏休み期間とお盆の時期に合わせ実施され、期間中、A−FACTORY前広場に設けた屋外会場にはホタテのひっかけ釣りと浜焼き体験を楽しむ観光客や帰省客ら2,129人が訪れた。今年は青森駅前にある空き店舗を活用して実施、期間中、3,381人が利用した。チラシ、のぼり、看板の製作はじめ、会議所広報媒体等への宣伝活動に力を入れ注目を集め、盛況のうちに終了した。実施した利用者アンケート調査では、サービス面での改善要望があったが、概ね好評な意見が得られ「事業継続を望む」声が多く寄せられた。

防災・交通拠点の形成を市に答申

 ◇「青森操車場跡地利用計画に関する答申」について=青森市の青い森セントラルパークを含む青森操車場跡地(約21.2f)の利用計画を検討してきた市の「青森操車場跡地利用計画審議会」(菅勝彦会長)は3月22日、跡地利用の方向性を鹿内博市長に答申した。跡地利用の方向性について@防災機能を備えた公園A新駅設置を含む交通結節点B公共的な施設建設用地—として利用することを答申。市は本年度、答申の内容を踏まえ、関係機関と協議して計画策定を進める。

弘大「食料科学研究所」が開設

 ◇弘前大学「食料科学研究所」開設について=食料科学に関する専門的かつ学際的な研究を推進し、弘前大学の教育研究の進展と社会および産業の発展に資することを目的に、同大学同研究所が4月1日、青森市柳川庁舎1階西側部分に開設。同3日、同庁舎正面玄関前で「食料科学研究所」看板の除幕式を行った。研究所長、選任教員4人のスタッフを配置し、@農林水産業の高付加価値化に関する研究A食育および健康増進に関する研究B水産資源の保全および活用に関する研究—などを行う。平成25年度中に専任教員を確保しつつ、研究体制の基盤整備を進める。また、柳川庁舎を同大学の青森キャンパスの拠点に位置付け、北日本新エネルギー研究所および食料科学研究所に関する業務を所掌する事務部門として新たに青森キャンパス事務部を設置、課長級の事務職員を配置する。

 ◇「議員職務執行者の変更(届け出)」=協同組合サンロード青森常務理事SC事業本部長・櫛引淳治氏(4月2日付)

県連役員会・総会は十和田で開催

 ◇「平成25年度県連役員会・総会、会員大会」=役員会・総会を6月13日(木)15時30分から十和田富士屋グランドホールで開催。議案は平成24年度事業報告並びに一般会計・特別会計収支決算の承認、25年度事業計画案並びに一般会計・特別会計収支予算案の承認など5議案。同日17時から同ホールで第63回会員大会を開き、大会決議の採択を行う。

[協議事項]

 ◇参与の委嘱替え=青森警察署長・天内孝幸氏、青森県土整備部長・横森源治氏、青森市都市整備部長・工藤雅史氏、日本政策金融公庫青森支店長兼中小企業事業統轄・北畠祥氏

◇第539回相談役・常議員会、第99回通常議員総会の同時開催=5月23日(木)16時から青森国際ホテルで。

青森港の整備促進・機能充実を

◇平成25年度県連提出重点要望事項=6月に十和田で開催される県連役員会・総会に提出する当所の重点要望として@東北縦貫自動車道八戸線「青森〜八戸間」の早期整備促進A公共工事をはじめとする官公需の地元業者への優先発注方促進B奥羽本線新青森〜青森間の複線化および青森〜弘前間の高速化の促進C青森空港輸送体制の充実強化D総合的な街づくりの推進E観光産業振興の推進F青森港の整備促進並びに機能の充実G食の安全・安心に向けた調理技術向上のため、フグの取扱者に対する講習会の拡充並びに実技研修義務化について—の8項目。

◇新入会員=個人7件28口、法人13件78口、特別会員2件12口、計22件118口を承認。(16nに新入会員名ご紹介)


まえへ    トップへ    つぎへ