会議所とともに


第537回相談役・常議員会
第98回通常議員総会

 

産業振興・発展に資する諸事業を実施

公共工事等の県内企業への発注促進を要望

 青森商工会議所の第537回相談役・常議員会、第98回通常議員総会は3月25日、ホテル青森で開催。林光男会頭が「今年は創立120周年節目の年。職員が一丸となって商工業者と地域経済発展のため頑張る」とあいさつした。「中京圏との交流推進事業青森ファムツアーの結果について」など10件の報告事項を了承、協議事項では、「平成25年度事業計画案並びに一般会計・特別会計収支予算案」など3議案を承認した。

[報告事項]

 ◇会議日程▽正副会頭会議=4月15日(月)13時30分・国際ホテル▽第538回相談役・常議員会=4月25日(木)13時30分・2階会議室

 ▽正副会頭会議=5月15日(水)15時・2階会議室▽第539回相談役・常議員会、第99回通常議員総会、議員会定時総会、懇親会=5月23日(木)16時・青森国際ホテル

震災復旧・復興支援活動を継続

 ◇「日本商工会議所第622回常議員会・第233回議員総会・第117回会員総会の結果」について=3月22日(金)開催。ザ・プリンスパークタワー東京「コンベンションホール」

 〈平成25年度事業計画案について〉全国514商工会議所のネットワークを活かした「東日本大震災からの復旧・復興」支援活動の継続を基本方針とし、「災害対応マニュアル」の策定促進など各商工会議所の防災・危機管理体制の整備を急ぐ。重要テーマとしては、「現場に立脚した政策提言活動による日本再生の実現」などを掲げ、地域の声に基づいた政策・事業などを展開する。

 〈通常会員総会決議(案)について〉日本商工会議所と全国514商工会議所は、景気に明るさが見え始めた今こそ、日本再生に向け、震災復興と成長戦略の実現に総力を結集することをあらためて誓い、「震災復興と福島再生の加速」「中小企業を柱に、内需を掘り起こし、外需を取り込む成長戦略の策定、実行」など5項目に取り組むことを決議、政府に要望した。

 ◇「中京圏との交流推進事業青森ファムツアーの実施」について=「中京圏との交流推進事業実行委員会」(県商工会議所連合会、観光団体などで組織)は3月13日から15日までの日程で、名古屋市など中京圏の旅行会社やマスコミ関係者らを対象とした「青森ファムツアー」を実施した。県内の食やさまざまな体験メニューを通して青森の魅力を伝え、新たな商品造成と青森の情報発信が目的。参加者10人が津軽、県南コースに分かれて観光地を巡った。津軽コースでは、八甲田ロープウエーに乗り山頂駅周辺の樹氷を見学、酸ケ湯温泉での入浴体験をした。一行はツアー最終日には、青森駅前の「あおもり帆立小屋」を訪れ、ホタテ釣りと浜焼きを楽しんだ。

 ◇「台湾ランタンフェスティバル青森ねぶた派遣並びに青森プロモーションの結果」について=台湾・新竹県で開催された2013台湾ランタンフェスティバルに青森ねぶた祭が招聘されたのに合わせて、青森商工会議所、青森市など県内自治体で構成した「ミッション団」が2月28日から3月3日まで台湾を訪問した。ミッション団一行はエバー航空や政府交通部観光局、旅行エージェントなどを訪れ、チャーター便および定期便の就航や観光客誘致、今後の交流促進などを働き掛けた。ランタンフェスティバル会場では大型ねぶたの運行が行われ、来場者を熱狂させた。

 ◇大規模小売店舗立地法に基づく届出について=青森市石江三好地区に平成25年10月完成予定の「ニトリ青森店」(仮称)の届け出があり、県は3月6日付けで県報で公告、その日から4ケ月間、届け出書を県商工政策課および青森市で縦覧する。

 ◇知事への公共工事等に関する要望について=県商工会議所連合会、県中小企業団体中央会、県商工会連合会、県建設産業団体連絡協議会、県建設業協会の5団体は3月27日、三村申吾知事に対し、①県等が発注する公共工事をはじめ、北海道新幹線等の大規模プロジェクトにおける県内企業の参入機会の確保、県内企業からの資材調達の促進②官公需の県内企業への発注促進および発注価格の適正化、分離・分割発注の推進—など4項目から成る公共工事に関する要望を行った。

 ◇青函商工会議所「第1回パートナーシップ構築懇談会」について=2015年度の北海道新幹線新函館(仮称)開業を見据えた青森、函館両商工会議所連携事業「第1回パートナーシップ構築懇談会」が3月21日、ロワジールホテル函館で開催。初の懇談会には、青森商工会議所から8社、函館側から21社が参加。新幹線開業を双方のビジネス拡大に生かそうと、青函参加企業は自社の事業をPR。「商品開発」「販路拡大」「技術提携・連携」について活発に意見交換した。

改選議員選挙・選任は9、10月

 ◇議員選挙・選任日程について=別表参照。
 ◇議員職務執行者の変更について=亀野岳志氏(イオンリテール株式会社イオン青森店長)
 ◇ふるさと13県商工会議所ネットワークについて=9㌻参照。

 

新幹線効果のさらなる進展を

[協議事項]

 ◇「平成25年度事業計画」(案)について=2〜3㌻特集参照。

 ◇「25年度一般会計・特別会計収支予算」について=25年度の一般会計を含めた6会計の総額は約9億2,778万円。対前年比1.4%増、金額にして約1,310万円の増額となった。主な要因として、共済事業会計、労働保険事務組合会計で減額となったが、一般会計では事業収入の増額に加え、来年度改選を迎える議員選挙費の計上、特定退職金会計で加入者の増に伴う制度運営事務費の増収が見込まれるため。一般会計収入の主なものは、会費収入約1億2,105万円、特定負担金収入約1,099万円など。主な支出は一般事業費約6,401万円となり、対前年比約258万円の減額。中でも新幹線開業対策事業費139万円が減額となった。補助金事業費は約1,430万円となり、対前年比約394万円の増額となった。

 ◇経営改善普及事業実施に伴う各委員の選任について=[小規模事業者経営改善資金審査委員]若井敬一郎氏(青森商工会議所副会頭)以下委員6人を再任、任期は4月1日から平成26年3月31日。
 [経営安定特別相談室設置に伴う商工調停士・特別相談員]商工調停士は6人を再任。特別相談員には、新たに須藤真悟氏(弁護士)を選任、任期はどちらも4月1日から平成26年3月31日。
 [平成25年度小規模企業振興委員]委員36人のうち31人を再任。新任は5人。任期は4月1日から平成26年3月31日。

 ◇新入会員=個人5件20口、法人2件12口、計7件32口を承認(17㌻に新入会員名を紹介)


まえへ    トップへ    つぎへ