会議所とともに


 第534回相談役・常議員会 

 

「味見あおもりワンツーコイン」を実施

中心市街地のにぎわいを創出

 青森商工会議所の第534回相談役・常議員会は12月25日、ホテル青森で開催。会議では「味見あおもりワンツーコイン事業について」など6件の報告事項を了承、協議事項では「(仮称)あおもり食めぐり事業実行委員会の設立について」など4議案を承認した。

[報告事項]

 ◇会議日程▽平成25年新年祝賀会=1月4日(金)17時30分・ホテル青森▽正副会頭会議=1月18日(金)15時・2階会議室▽第535回相談役・常議員会、臨時議員総会=1月25日(金)13時30分・アラスカ会館 ▽正副会頭会議=2月15日(金)15時・2階会議室▽第536回相談役・常議員会=2月25日(月)13時30分・2階会議室

 ◇「日本商工会議所第619回常議員会の結果」=12月20日(木)開催。国際会議場(東京商工会議所ビル7階)
 新政権に望む(追認)について=日本商工会議所は新政権に対し①震災復興・福島再生のスピードアップ②景気減速を食い止める経済対策実行の急務③大胆な政策と戦略の構築による日本再生-を重点課題とする政策の取り組みについて要望した。

 ◇「青森ソウル線利用促進緊急対策会議の結果」について=青森空港国際化促進協議会は12月6日、ラ・プラス青い森で「青森・ソウル線利用促進緊急対策会議」を開いた。会議では、大韓航空が運航する青森・ソウル線を維持していくため、2013年1月から3月までの期間中、搭乗率70%実現を目指すことを決議した。

 ◇「新青森名物"帆立小屋"事業化可能性調査事業屋内事業」について=古川市場の「のっけ丼」事業に続く、ホタテをテーマにした釣りと食の体験調査事業「あおもり帆立小屋」は、青森ねぶた祭とお盆の時期に合わせ、「A-FACTORY」前広場で実施し好評を得た。平成25年1月中旬から3月下旬の間、青森市安方1丁目にある「青森ビル」1階の空き店舗を活用し、同事業を連日営業する。営業時間は午前10時から午後8時まで。

 ◇「味見あおもりワンツーコイン事業」について=青森街なか「食」巡り事業として、1月21日から3月10日までの49日間、味見あおもりワンツーコイン事業を実施する。青森市の食や文化などを活用した事業を展開、中心市街地の魅力向上とにぎわい創出を図るのが目的。参加39飲食店が、お得なワンコイン(現金500円)、ツーコイン(1,000円)で各店の自慢の期間限定メニューを提供する。青森市街づくりあきんど隊、青森市中心商店街女性部、中心市街地各商店街が協力。

 ◇「ジョブカードサポートセンターの事業実績(中間)」について=ジョブカードを採用ツールとして活用する企業の開拓と、企業に対する職業訓練実施計画作成支援、助成金申請手続き支援を行う。平成24年度ジョブカード普及サポーター企業数は、青森市内実績は72件だった。

[協議事項]

 ◇相談役・常議員会と臨時議員総会の同時開催について=「第535回相談役・常議員会」「臨時議員総会」は平成25年1月25日(金)13時30分、アラスカ会館で開催。

◇顧問・参与の委嘱替え=[顧問]衆議院議員・津島淳氏[参与]青森市議会総務企画常任委員長・里村誠悦氏、同文教経済常任委員長・上林英一氏、同都市建設常任委員長・斎藤憲雄氏、同民生環境常任委員長・長谷川章悦氏

◇「(仮称)あおもり食めぐり事業実行委員会の設立」について=青森県助成金(むらおこし事業等地域活性化事業)を活用して実施した「あおもりバル街」の25年度以降継続と組織化を目的に、「(仮称)あおもり食めぐり事業実行委員会」を設立する。実行委員長・西秀記青森商工会議所副会頭、副実行委員長・加藤博同街づくり推進委員長、三上孝同商業政策委員長

◇新入会員=個人1件4口を承認。


青森ベイエリア・中心市街地会場に開催

冬の青森を光のファンタジーで
魅力アップ

 青森市、NPO法人あおもりみなとクラブ、社団法人青森観光コンベンション協会、公益社団法人青森県観光連盟は、平成27年度末の北海道新幹線新函館開業を見据え、青森ベイエリアおよび中心商店街において「あおもり光のファンタジー」を開催している。

 このイベントは、回遊できる街の魅力づくりや、冬季観光・滞在型観光の推進に向け、「あおもり灯りと紙のページェント」「光の散歩道」「あおもり雪灯りまつり」の3イベントを初めて統一タイトルのもとで会期を延長し、実施することになったもので、冬の新たな魅力づくりに期待が高まっている。

イベント続々、1月29日まで

 
大型オブジェと小型オブジェ(雪だるま~る)
に光が灯り、辺り一面を幻想的な世界に誘う
「あおもり灯りと紙のページェント」

あおもり灯りと紙のページェント

 昨年12月21日からスタートした「あおもり灯りと紙のページェント」では、「青森ねぶた祭」で培われた技法で作られた和紙の灯ろうが、紙と光が織りなす陰影と鮮やかな色彩のコントラストで幻想的な世界を作り上げている。

[期間]12月21日(金)~平成25年1月29日(火)
[時間]16:00~20:00
[場所]A-FACTORY周辺
[問合せ]NPO法人あおもりみなとクラブ
     TEL 735-8150


東北新幹線八戸開業10周年記念イルミネーションイベント

光の散歩道

 1月1日にスタートした「光の散歩道」は、桜並木などが約23万球のイルミネーションと8つのオブジェで表現された光と音が織りなす19基のムービングライトショーが特長の参加・体験型イベント。

[期 間]平成25年1月1日(火・祝)~27日(日)
[時 間]17:00~20:00(平日)、
     16:00~20:00(土日祝)
[場 所]青森県観光物産館アスパム西側 特設会場
[問合せ]青森県観光連盟 TEL 735-5311


あおもり雪灯りまつり


 1月25日から3日間は、市民手づくりの雪灯りが、澄んだ空気に美しく優しく揺らぎ、温もりある空間を演出する「あおもり雪灯りまつり」が開催される。

[期間]平成25年1月25日(金)~27日(日)
[時間]17:00~21:00
[場所]ワ・ラッセ西の広場、青森駅前公園、パサージュ広場、新町通り
[問合せ]青森市観光課 TEL 734-5179

 青森市と各団体では、純白の雪が舞い降るこの季節、幻想的な光に彩られた青森ベイエリア・中心商店街に是非訪れてほしいと呼び掛けている。


「あおもり冬まつり」街なかで開催 
2月2日から会期10日間

 昨年まで合浦公園で実施されていた「青森冬まつり」も本年から会場をベイエリア周辺に移し、2月2日から会期を10日間に延長して実施される。

 八甲田丸ゾーンの大型すべり台をはじめ、ワ・ラッセゾーンの雪遊び「プレイランド」・冬のあおもり体感コーナー、駅前公園ゾーンのかまくら、雪灯りキャンドル、青い海公園ゾーンの乗馬体験・スノーモービルそり、凧あげなどの他、街なかゾーンでは雪だるまロード、雪あかりと内容も盛りだくさんで、冬の青森の街なかの賑わいを創出する。

[期間]平成25年2月2日(土)~11日(月・祝)
[時間]9:00~16:00(一部19:00まで)
[問合せ]青森観光コンベンション協会
     TEL 723-7211


青森街なか「食」巡り事業実施

 青森商工会議所は、青森市街づくりあきんど隊、青森市中心市街地商店街女性部、中心市街地各商店街の協力を得て、1月21日から3月10日まで街なかの飲食店の自慢の味を、お得なワンコイン(現金500円)、またはツーコイン(1,000円)で手軽に楽しめる期間限定企画「味見あおもりワン・ツーコイン」を実施する。
 3店まわって応募できる食べ歩きスタンプラリーなども実施される。参加店やメニューは、ガイドブックやHP等で情報発信する。

[期間]平成25年1月21日~3月10日
[会場]青森市中心市街地エリア
[問合せ]青森商工会議所 TEL:017-734-1311


まえへ    トップへ    つぎへ