会議所とともに


 第533回相談役・常議員会 

 

秋季歩行者通行量調査結果報告

アスパム周辺の通行量増が顕著に

 青森商工会議所の第533回相談役・常議員会は11月26日、会議所2階で開催。林光男会頭が「12月選挙が行われるが、選挙後はデフレを脱却し景気が回復する政策を実行してほしい」とあいさつした。会議では「台湾ランタンフェスティバル『青森ねぶた』招聘に伴う青森プロモーションへの参加要請について」など15件の報告事項を了承、協議事項では相談役に青森放送株式会社代表取締役社長・長崎昭義氏を選任する人事案など2議案を承認した。

[報告事項]

 ◇会議日程▽平成24年度会員交流大会=12月12日(水)18時・アラスカ会館▽知事を囲む議員懇談会=12月13日(木)8時・ホテル青森▽正副会頭会議=12月14日(金)15時・2階会議室▽議員会年末交流会同18時・ホテル青森▽第534回相談役・常議員会=12月25日(火)13時30分・2階会議室

 ▽平成25年新年祝賀会=1月4日(金)17時30分・ホテル青森▽正副会頭会議=1月18日(金)15時・2階会議室▽第535回相談役・常議員会、臨時議員総会=1月25日(金)13時30分・アラスカ会館

小規模企業対策予算の確保を要望


 ◇「日本商工会議所第618回常議員会の結果=11月16日(金)開催。国際会議場(東京商工会議所ビル7階)

 「小規模企業対策予算の確保に関する要望」(案)について=日本商工会議所は全国都道府県に対して、@相談・支援事業など基礎的な小規模企業対策の履行は地方自治体の大きな責務であるA小規模企業等への支援強化は地域経済の振興と安定、雇用の確保をもたらし、地方財政にも資することを再認識し、平成25年度小規模企業対策予算を十分に確保、確実に執行すること−を要望した。

 主要政策課題の動向について=「中小企業経営力強化支援法」(中小企業新事業促進法等の一部改正)が8月30日に施行。認定経営革新等支援機関の第1号認定が11月5日に行われ、全国2,102機関が認定された。

 「全国商工会議所観光振興大会2012 in 高知」の開催結果について=平成24年10月24日から27日まで高知市で開催。全国の商工会議所から約840人が参加し、「全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞」に、本県から弘前商工会議所が、観光立"地域"特別賞、八戸商工会議所が奨励賞の表彰を受けた。

 ◇「台湾ランタンフェスティバル『青森ねぶた』招聘に伴うプロモーションへの参加要請」について=2013台湾ランタンフェスティバルへの青森ねぶた招聘を機に、県、青森市および県内自治体、青森商工会議所など商工・経済・観光関連団体などで構成するミッション団が台湾を訪問、本県の文化、観光をPRする。平成25年2月28日から3月3日までの訪問期間中、台湾の旅行エージェントを訪問するほか観光説明会・商談会を開催し、台湾からの観光客誘客促進に向けたセールスを行う。青森市観光振興会議(会長・加賀谷久輝副市長)は市、青森商工会議所、青森県観光コンベンション協会に協力を要請した。

中京圏からの観光誘客活動を展開

 ◇「東日本大震災復興・風評被害対策事業」について=青森県商工会議所連合会は、林県連会長を団長とする経済ミッション団を編成し、中京圏からの青森県への観光誘客を目的に平成25年1月下旬に愛知県を訪問。愛知県商工会議所連合会、名古屋商工会議所、春日井商工会議所、中部経済連合会などを訪問し、青森県内へのMTCE招致活動等を展開する。

 ◇「あおもり検定」実施報告について=平成24年9月30日(日)、県内会場(青森、八戸、弘前、むつ市)と東京会場の5カ所で開催。初級61人、中級62人、上級39人が検定試験に挑戦した。

中心市街地の通行量増える

 ◇「平成24年度歩行者通行量秋季調査結果」について=平成24年10月26日(金)、27日(土)の二日間、新町通り、柳町・夜店・昭和・いろは・ニコニコ通りなど市中心市街地で実施した。

 調査の結果、実施した通り全体の通行量は金曜日65,838人(昨年秋60,968人)、土曜日61,396人(同50,058人)と、両日ともに昨年同時期調査より通行量を増やした。中でもアスパム周辺では金曜日112.13%、土曜日197.72%と、著しい伸びを示した。

 ◇「旅と健康観光商品開発事業feel NIPPON出展」について=青森商工会議所は11月9日から11日までの3日間、東京・池袋サンシャインシティで開催された「feel NIPPON 旅フェア日本2012」(日本商工会議所主催)に参加、当所が取り組む「旅と健康をテーマとする観光商品開発事業」のPRブース展開と事業者が当該事業と連携して企画する商品商談会を実施した。会場には3日間で約10万人の来場者が詰め掛けた。旅行エージェントとの商談会には酸ケ湯温泉、八甲田リゾート&スパなど八甲田エリア事業者が観光商品のセールスを実施。首都圏の業者を含む33社が商談に訪れ、強い関心を寄せた。

 ◇「青森冬まつり2013」について=平成25年2月2日から11日まで、青森ベイエリア地区で実施。「八甲田丸ゾーン」「ワ・ラッセゾーン」などをメーン会場とした6つのゾーンを設置。八甲田丸ゾーンには大型すべり台を設けるほか、駅前ゾーンでは、かまくら5基がお目見えする。

県産品等PRイベント、スノーモービルそりなど多彩なイベントを展開する。

JR東日本本社・支社に要望書提出

 ◇「JR東日本に対する要望結果」について=青森県鉄道整備促進期成会、青森県、青森県議会は10月31日にJR東日本盛岡支社、秋田支社に対し、また、11月9日にはJR東日本本社に対し「東北新幹線全線開業や2015年度末に予定されている北海道新幹線「新青森・新函館(仮称)間」の開業効果を最大限に活用するため各施策の早期実現を求める」ことなどを趣旨とする要望書を提出した。特に、最重点要望項目として@北海道と北東北との交流人口拡大の促進A冬期間の安定輸送の確保B東北新幹線へのアクセス等の利便性向上―の3項目を盛り込んだ。

新年祝賀会は1月4日に開催

 ◇会員交流大会について=青森商工会議所は会員相互の交流・親ぼくを図る「会員交流大会」を12月12日、午後6時からアラスカで開催する。会費は2,000円。当日は事業所顕彰、永年勤続優良従業員を表彰する。

 ◇市長を囲む議員懇談会について=11月27日、午前8時からアラスカで開催。

 ◇知事を囲む議員懇談会について=12月13日、午前8時からホテル青森で開催。

 ◇平成25年新年祝賀会について=平成25年1月4日、午後5時30分からホテル青森で開催。

 ◇議員職務執行者の変更について=青森放送株式会社代表取締役社長・長崎昭義氏。

 ◇青函商工会議所「会員事業所パートナーシップ支援事業」について=青森商工会議所と函館商工会議所は両商工会議所会員事業所のビジネス連携を促進するため「パートナーシップ構築懇談会・名刺交換会」を開催する。同懇談会は平成25年3月開催予定。函館商工会議所会員事業所との連携を希望する会員事業所を募集している。申し込み締め切りは平成25年1月21日。

[協議事項]

 ◇相談役の承認=青森放送株式会社代表取締役社長・長崎昭義氏を選任

 ◇新入会員=個人2件8口、法人3件18口、計5件、26口を承認。(13nに新入会員名ご紹介)


まえへ    トップへ    つぎへ