会議所とともに


青森小売商懇談会研修会

「東京スカイツリータウン」など視察

 青森小売商懇談会(平成24年度代表幹事㈱さくら野百貨店)は9月13、14日の日程で、首都圏の大型商業集客施設の視察研修会を実施した。

 初日は、東京都江東区青梅にある商業複合施設「ダイバーシティ東京」と、東京タワーに代わる、新しい電波塔として今年5月22日にオープンした「東京スカイツリータウン」を視察した。

 「ダイバーシティ東京」では、目玉である実物大の機動戦士ガンダムがそびえ立ち、観光客らの目を引いていた。「東京スカイツリータウン」では、事業主体である東武鉄道の担当者、さらに東京ソラマチの運営管理を行っている担当者からそれぞれ説明を受けた。

 2日目は、渋谷の新名所「渋谷ヒカリエ」と二子玉川駅周辺の再開発事業「二子玉川ライズ」を視察。構想から着工まで約30年を費やす再開発事業として注目される「二子玉川ライズ」は、1期の大型SC整備、2期の住宅マンション建設が既に完了、現在は3期工事として、平成27年度の完成を目指して、オフィス、ホテル棟の建設が急ピッチで進められていた。



まえへ    トップへ