かけはし
2012

CONTENTS  2012 February


商工プラザ ・会員さん紹介 
・青森商工会議所カレンダー
・青〜い森の風景

目次 1 ・FDA青森−名古屋線 増便へ
・やまびこ

特集 2 ・「ふるさと祭り東京2012」開催

会議所とともに 4 ・第524回相談役・常議員会・臨時議員総会
・知事と商工三団体との懇談会
・青森商店街連盟が新年会
・青森総合卸センターからのお知らせ
・共済制度・福祉制度のご案内

明るい経営を目指して 8 ・平成24年7月1日、改正育児・介護休業法が全面施行 ほか

会議所とともに 10 ・経営コラム    ・税務署からのお知らせ
・「東北観光博」3月18日から本格実施
・助成事業募集案内 ほか

会員ひろば 14 ・新入会員紹介   ・「商工サロン」
・映画無料鑑賞会のお知らせ

観光コンベンション情報 15 ・食べある記あったかフェア
・八甲田ウォークのお知らせ
・イベント情報

経済データ 16 ・LOBO調査結果 
・県内主要経済指標    ・青森市の人口と世帯数

情報ピックアップ 18 ・女性会「新年の集い」
・熟語の達人    ・編集後記

  19 ・NTT東日本からのご案内

[付録] @新入社員セミナー   A映画無料鑑賞会
B知的資産経営と事業承継セミナー   C平成24年度各種検定試験施行日




弘前 雪燈籠まつり

青〜い森の風景

今月の風景は、「弘前公園」です。
冬まつりのイベントに『夏まつり・ねぷたの見送り絵』がずらりと並んだ大回廊、灯りがともされ幻想的な世界が広がります。
36回目を迎える弘前城雪燈籠まつり&津軽錦絵大回廊は2月9日から12日まで開催されました。



青森商工会議所カレンダー
(2012. 2. 13〜2012. 3. 26)

2月

13日(月) 正副会頭会議
(15:00〜 2階会議室)
27日(月) 第525回相談役・常議員会
(13:30〜 2階会議室)

3月

16日(金) 正副会頭会議
(15:00〜 2階会議室)
26日(月) 第526回相談役・常議員会
(13:30〜 青森国際ホテル)


FDA 青森−名古屋線 増便へ

春日井市役所を訪ねた三村知事と若井副会頭

 フジドリームエアラインズ(FDA、本社・静岡市)は、青森−名古屋(小牧)線を3月25日から1日往復2便に増便する。
 青森−名古屋線は震災復興支援として昨年7月に就航、8月から1日往復1便が定期便運航となった。就航後の搭乗率は採算ラインを上回り順調に推移、増便が期待されていた。
 若井敬一郎青森商工会議所副会頭、三村申吾知事らは1月6日、愛知県庁と同県春日井市役所を訪問、大村秀章知事、伊藤太市長と懇談、観光客需要増を見込んだ増便を要請していた。





やまびこ

日、近くのスーパーへ買い物に出かけた際、野菜コーナーで表示されていた葉物野菜の価格、それはそれは高価な野菜でレタスが小玉230円台大玉280円台と表示されていて、思わずアッ高い!と声を発してしまった。キャベツ・ホウレンソウ・水菜など普段の1.5倍から1.8倍の表示価格である。どんな訳があろうともかなり家計に響き、しかも業務用にしては、かなりの打撃と思える。
レビの報道番組で野菜の高騰が放送されていた。その番組によると秋の終わり11月ころの気温が高く、通年以上に生育が良く早めに出荷が出来た事と冬場の気温が低温続きで葉物野菜の生育が悪く、例年の2割から3割しか出荷できていない事が今回の高騰につながったと話されていた。問題は気候に大きく左右される事が一番の問題であることが確かである。
年、気候状況を気にせず安心・安全な野菜を供給できる水耕と人工光による栽培が話題になり、最近では大型野菜工場が全国数か所で稼働している状況である。それにレストラン、ファーストフードショップなど店舗内で栽培し、店舗内で消費する「店産店消型店舗」もあちらこちらでオープンし話題を呼んでいる。
心安全で安定した野菜の供給と甘味調整が可能な野菜の収穫が出来る事と生産者が分かるトレーサビリィティーの推進それに地産地消の促進にも貢献が期待される。まさしく人工光栽培は、これからの新たな産業おこしを予感させ雇用促進につながる素材であると思える。
だ、まだ初期投資額が高価である事と流通などに不安が残され、エリア限定で生産販売さているのが現状であることを認識しておきたい。

(T・H) 


つぎへ