雪 華


雪華(ゆきはな)
女性会版44号
会長 元木 篤子

新年によせて


会長
 元 木 篤 子
 

 新年あけましておめでとうございます。
 2012年新春を迎え、謹んで皆様にご挨拶を申し上げます。
 女性会の活動と運営につきましては会員皆様方のお力添えによるものと深く感謝申し上げます。
 昨年は東日本大震災、その後の台風、豪雨による被害に見舞われ、今大震災からの復興・復旧に東北が一体となって取り組んでいますが、青森女性会も東京への新幹線ツアーを組み、東京駅や神楽坂でいっしょに青森の缶バッジを「ありがとう。頑張ってますよ」とお伝えしながら、お渡ししました。お会いした方々からは「私達も応援してますよ。頑張ってね。」とのメッセージをいただきとてもうれしかったことを思い出します。
 全国の女性会から義援金や励ましのお言葉をいただき、改めて全国405女性会の連携、絆の強さを感じることが出来ました。
 今年は辰年。ブータン国王訪日の際、日本の子供達に、ご自分の国には竜がいる。竜は知識や経験を食べながら大きくなるとおっしゃって下さいました。
 私達も経験を生かし、辛く悲しいことがあってもいつかは必ず幸せがやってくる事を信じ、会員相互の絆を深め、地域活性化に貢献し、情熱と勇気をもって一歩前へ進みましょう。
 最後になりますが本年もより一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げ、2012年が会員皆様方にとって健康で穏やかな一年でありますように祈念申し上げ、新年のご挨拶と致します。


  感動の全商女性連浜松大会  

猪 田 良 子

 10月6・7日の2日間、全国商工会議所女性会連合会浜松大会が開催され、会場のアクトシティ浜松には全国から308女性会、2,767名が参加しました。東北からも多数の女性会が参加。中でも福島からは80名も参加され、東北の底力を感じました。会場は熱気に包まれ、全国から励ましのエールが送られ、大変感動致しました。
 講演会ではスズキ(株)代表取締役会長の鈴木修氏より徹底したコスト削減により売上高3千億円から3兆円にされた話を聞き、強いリーダーシップを感じ、感銘を受けました。年に数回は海外視察もこなすなど81歳とは思えない若さを感じ、私も講演を聴き、元気をもらいました。
 懇親会終了後、エキスカーションであるうなぎパイファクトリー等の工場見学。その他、清水の次郎長で有名な清水梅寺、景勝地で有名な三保の松原を見学しました。うなぎパイファクトリーでは製造工程を知ることが出来、楽しみながらお土産を買ってもらう工夫が随所にみられ、感心しました。また、清水梅寺では清水の次郎長の像を見ながら、おいしいお茶をいただきほっと一息。温かいおもてなしを受け、感激しました。
 焼津のホテルでは弘前、八戸、むつ女性会の皆さんと時間の許す限り語り合いました。今までにない交流を深めることが出来、次回へ繋がるような素晴らしい大会となりました。

浜松全国大会 清水梅陰寺


  おもてなし外国語(中国語編)セミナーに参加して  

吉 田 和 子

 中国人観光客へのおもてなし講座が12月2日国際ホテルで行われました。講師は現在、青森県観光連盟の観光アドバイザーとしてご活躍の張 政(チョウ・セイ)氏です。張先生はハルビン生まれで数々の資格、経歴をお持ちの方です。
 まず、中国の世界におけるデータから勉強しました。そして、国民性や習慣等も学びましたが、限られた1時間半ということでややスピードを上げた進み方でした。やっと残り15分位から私達が待ちかねていたワンポイント中国語レッスンに入りました。その頃からは参加者全員が大きな声で先生のあとに続いて単語の発声練習。やっと7つの言葉を覚えたのです。それは「ニーハオ」(こんにちは)から始まって、ザイジェン(さようなら)まで、観光客との会話では必須の言葉でした。楽しく勉強することが出来たのは先生がイケメンだったからかもしれません。

おもてなし中国語セミナー


  女性起業家セミナーに参加して  

篠 崎 幸 子

 12月16日、(株)フード&サクセス 代表取締役 杉山春樹氏を講師にお迎えして、100回失敗、50億失ったバカ社長の成幸体験記「七転び八起の失敗は成幸の素」というテーマでの講演会が開催されました。
 講師の生立ちから、世界17か国への貧乏旅行、帰国後、苦労して焼き鳥屋を開業、創意工夫をして独自性を打ち出し大成功を収めたが、手を広げ過ぎ、目が行き届かず失敗。
 その後、成功と失敗を繰り返し、経営のノウハウを学び、海外にも進出し、一時、11億3千万の年商を上げるも破綻。杉山氏から波乱に満ちた体験談をお聞きし、驚きと共に苦労をされて成功した姿勢に感銘も受けました。
 今は飲食プロデューサー&コンサルタント一本に絞り、「他の成功が己の成功」をモットーに経営者や個人を応援する活動をしているとのことです。
 講師は松下幸之助氏のことばを借り「失敗が続くのも難しいことであるが、成功が続くのは怖いことである。成功が3回続くと危ないと思わなければならない。人間は3回も成功すると慢心するので、3回に1回は失敗しなければならない。」と自己の経験をもとに私達に伝えた。
 最後に「うまくいかないときは止めればいい。もう一度スタートラインに立って見直せばいい。」と云って結んだ。発想の転換の大切さと気力、精神力、元気をもらったひとときでした。


講師 (株)フード&サクセス代表取締役 杉山春樹氏
女性起業家セミナー


  日本赤十字青森県支部へ寄付  

 去る12月14日、女性会員相互の親睦を図るクリスマス親睦会が開催され、そのアトラクションの中、参加者からの提案で東日本大震災の寄付を募りました。12月27日には元木 会長、遠間副会長が代表し、訪問。日本赤十字社青森県支部へ寄付を行なった。
 日本赤十字社奥川事務局長より「当社は、義援金の受付を行なうだけでなく、石巻赤十字病院をはじめとする被災地への医療救護班の派遣や支援物資をお届けするなど様々な活動を展開しています。被災地の復興には大変時間のかかるものなので引き続き、息の長い協力をお願い致します。」とのことばを頂きました。
 元木会長、遠間副会長共、赤十字社の活動を熱心に拝聴。また、女性会や他事業での東日本大震災に対する協力体制を伝え、引き続き支援を続けていきたい旨、伝え、赤十字社を後にした。


      日本赤十字社青森県支部にて



新メンバーご紹介

氏  名 宮 本 達 子
       (みやもと  たつこ)

事業所名 (株)ヴィナスフォート
住  所 青森市緑2-16-2
TEL 017-776-7922
FAX 017-776-7995
 女性社員の多い、とてもにぎやかな会社です。気軽に立ち寄れるように心がけております。
氏  名 田 村 智 子
      (たむら    ともこ)

事業所名 (株)おきな屋
住  所 青森市南佃1-18-15
TEL 017-776-7922
FAX 017-776-7995
  弊社は、青森の素材の持つ味わいをそのまま品質を保ちながら、郷土色豊かなオリジナル性のある、美味しいお菓子を届けたいと考えています。


青森商工会議所女性会新入会員募集のお知らせ

 青森商工会議所女性会では女性経営者の向上と商工業の振興を図ることを目的に、社会福祉への貢献や会員相互の親睦会・勉強会等活動を続けております。
 私達と一緒に女性の力で青森を盛り上げていただける仲間を募集しております。
 お申し込みに際しましては、青森商工会議所女性会事務局
(TEL 017-734-1311 FAX 017-775-3567)までご連絡下さい。

  〇会員資格  青森商工会議所会員事業所の女性経営者・女性従業員・経営者の奥様 他
  〇年 会 費  15,000円


楽しい活動がいっぱいあります。 会員一同お待ちしております。

まえへ    トップへ