会議所とともに
緊急開催 会員交流大会開催のご案内

青森商工会議所会員交流大会開催のご案内

新青森の元気回復!復興支援企画!


 3月11日発生した東北地方太平洋沖地震において被災された皆様に対しまして、
心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興がなされますことをお祈り申し上げます。

 3.11後、青森地域においては、八戸の津波被害、二度にわたる停電や東北新幹線をはじめとする交通網の乱れによりサプライチェーンが寸断され、経済活動が困難になったことに加えて、国民に広まったレジャーに対する自粛ムードの継続、さらには福島第一原子力発電所事故の深刻化などにより、2ヶ月余以上経過した現在においても、地域全体が沈滞ムードに覆われています。
 このような状況下においても、青森商工会議所の会員企業・事業者におかれましては、地域経済および住民生活を支える事業活動やサービス提供に、これまで以上に取り組んでいただいておりますが、こうした逆境をバネにさらに地域が一致団結し、商工会議所が地域の元気回復エンジンとなって、これからも力強く経済活動を行っていくことが、現在の沈滞ムードを払拭するために必要であると考えています。
 つきましては、青森商工会議所の会員企業・事業者が中心となって、日本・東北の元気回復を実現するとの決意を込めて、「がんばろう日本! がんばろう東北! いっしょに青森」をテーマに、「青森商工会議所・会員交流大会」を緊急開催いたします。
 当日は、季節の県産品を活用した"元気が出る"企画を観光サービス部会の皆様の協力を得て提供し、大いに食べ・飲み・語り、たくさんのお土産を持ち帰っていただけるような会といたします。
 お誘いあわせのうえ、たくさんの皆様にご来場くださるようご案内申し上げます。


■日  時
■場  所
■主  催
■内  容





■参 加 費
平成23年7月4日(月) 18:00〜20:00
国際ホテル3階 萬葉の間
青森商工会議所
・青森の元気回復と復興祈願セリ
・青森県産青果がもれなく当たる大抽選会
・青森県産ホタテ元気回復振る舞いコーナー
・のっけ丼体験コーナーなど元気が出るイベントが盛りだくさん!!
※当日は被災された八戸地域と福島地域の特産品のPR販売を行います。
福島からは"皇室献上品"桃のPRにJA伊達みらいの皆様も参加する予定です。
1人 3,000円(チケット制)

 ※申込みにつきましては、6/22(水)まで下記にご連絡いただければ幸いです。

【申し込み・問い合わせ先】
青森商工会議所 新幹線まちづくり対策課 鹿内・大里 TEL 734-1311  FAX 775−3567

青森で 「ICTクラウドフェスタ」

10月開催 準備委員会が発足


実行委設立総会で挨拶する三村知事

 ICT(情報通信技術)の最先端技術を利用した豊かなネット社会の構築と、魅力あふれる青森県の姿を発信する「あおもりICTクラウドフェスタ」が10月22、23日の2日間、青森市宮田の新県総合運動公園「マエダアリーナ」で開かれる。
 同フェスタの開催へ向けて5月9日、青森国際ホテルで実行委員会設立総会を開催、会長には三村申吾知事、副会長に林光男氏(社団法人青森県情報サービス産業協会会長)、監事に加藤公樹氏(東北電力叶ツ森支店長)、上西祐司氏(東日本電信電話叶ツ森支店長)を選任した。
 クラウドとは、インターネットで結ばれている膨大なコンピューター群のことで、さまざまなサービスを提供できるのが特徴。クラウドを導入することにより、企業はこれまでのシステムを所有するためにかけていた多大な経費を使わずにすみ、「必要なときに必要なだけサービスを利用し、その分の対価を支払う」という方法に変わる。
 実行委設立総会に続いて開かれた第1回実行委員会では、同フェスタの基本計画案を協議。その結果、クラウドコンピューテイングは、生活の中の「暮らしやすさ」、企業の「経営高度化」、行政の「効率化」に有効なツールとして利活用が期待されることを確認した。
 2日間のフェスタの目標入場者数は1万人で、規模や内容とも地域情報化に関して開く県内最大級のイベントとなる。初日はオープニングセレモニーの後、坂村健東大大学院教授の基調講演やパネルディスカッションなどを行う。また、今回の震災においてICTが果たした役割の紹介、最先端技術等の展示および体験コーナーを設ける。小中学生を対象としたユビキタス出前授業もある。
 出展などの問い合わせは同実行委員会事務局
(県企画政策部情報システム課内 電話017−734−9158、FAX 017−734−8036)へ





トップへ     つぎへ