かけはし

CONTENTS  2011 April
〜 震災の余波等で4月号は8nの特別編集に 〜


表紙裏 ・青年部が岩手県へ救援物資を送る
・青〜い森の風景

会議所とともに 1 ・県内の震災被害状況 
・東日本大震災の影響調査を実施
・百貨店「中三」が民事再生適用申請 
・緊急金融相談会開催
・青森商工会議所が市内5カ所で移動経営相談を実施
・県に地元企業への支援要望 
・第515回相談役・常議員会、通常議員総会
・当所の小規模企業振興委員連絡協開く
・当所の新年度人事

会員ひろば 7 ・商工サロン放映日程
・会員の住所等変更のお知らせ
・新入会員

情報ピックアップ 8 ・市内就職者を励ます会を開く
・新入社員セミナー
・熟語の達人
編集後記


弘前市・弘前公園

青〜い森の風景

 今月の風景は「さくらの名所・弘前公園(弘前市)」。 天守閣やお堀を覆いつくすように、2600本ものさくらが咲き誇ります。今年のさくらまつりは東日本大震災の復興支援を柱に4月23日〜5月5日まで開催されます。





当所青年部が震災義援物資送る

衣類、布団など岩手県奥州市へ


義援物資を積んで小型トラック出発
(3月26日、県商工会館前)

 青森商工会議所青年部(西秀記会長)は、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県へ向けて毛布や紙おむつ、布団などの義援物資を2日に分けて小型トラックに積み、陸ルートで現地へ送った。
 3月11日の巨大地震と津波による未曾有の被害に対しては、国内外から温かな寄金や義援物資が送られている。
 当所青年部も、被災者の一日も早い復興を願い、現役会員およびOB会員に呼びかけたところ、物資提供を申し出る人が相次いだ。毛布や紙おむつ、割り箸、タオル、マスク、下着、ロウソク、衣類、お茶、水、カップ麺、お米など小型トラック2台分の物資が集まった。
 これら義援物資は小型トラック2台に積んで会員が運転する車で現地に送ることにし、3月26日午前10時に青森市橋本の県商工会館前で出発式を行った後、会員に見送られ出発した。
 次いで4月3日、同じく会員らから差し出された布団170組を送った。
 届け出先は、本県から被災地へのルートを確保されていた岩手県奥州市。2日に分け、片道約5時間かけて現地に到着した物資はそれぞれ奥州商工会議所青年部のメンバーを通じて、被災地の方々へ配布された。





つぎへ