特 集

22年度「全国観光振興大会 in 青森」

旅と健康「青森アピール」採択

 平成22年度「全国商工会議所観光振興大会 in 青森」(日本商工会議所、青森県商工会議所連合会主催)が2月3日から5日までの日程で青森市を主会場に開催した。「旅と健康」〜ヘルシーな青森流のおもてなし〜をメインテーマに冬の青森の魅力をPR。全国の商工会議所が連携して観光立"地域"の具体化に取組む「青森アピール」を採択した。


 歓迎挨拶する青森県商工会議所連合会の
林光男会長

 活発に行われたパネルディスカッション
(2月3日、青森市文化会館)

主催者を代表し挨拶する
岡村正会頭

 観光振興大会は今年で7回目。青森市文化会館に全国の商工会議所会員ら1,200人が参加した開会式は、津軽三味線全国協議会による津軽三味線演奏の歓迎セレモニーで幕を開けた。
 日本商工会議所の岡村正会頭は「全国514の商工会議所のネットワークの活用により、観光振興への取組みを、点から面に広げることができれば、連携とイノベーシヨンによる観光立国が実現し、日本が元気を取り戻すことができる」と挨拶した。
 青森県商工会議所連合会の林光男会長は、本大会が東北新幹線全線開業後、青森県内で開催する初の1,000名規模のコンベンションであることを強調。そして、「冬の魅力を磨き上げることにより、立派な観光資源になり得る」とアピールしながら地域活性化の可能性について議論し、「大会を通じて本県の着地型観光プログラムを体感していただきたい」と述べた。
 来賓の田端観光庁観光地域振興部長が挨拶。続いて本県の三村申吾知事が新幹線の全線開業を契機に実施する青森デスティネーションキャンペーンへの期待、さらに「未来へのあおもり観光戦略」策定をはじめとする新たな取組みを披露し「これを機会にぜひ青森ファンになっていただきたい」と訴えた。
 鹿内博市長は、1月5日オープンしたねぶたの家「ワ・ラッセ」を「ぜひ見学してほしい施設」とPR。また「津軽弁は観光資源です。滞在中に一つでも多く津軽弁を修得していってください」とユーモアを交えながら挨拶した。
 「第3回全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞」表彰式では、大賞を受賞した松山商工会議所、振興賞を受賞した会津若松商工会議所、諏訪商工会議所、特別賞を受賞した山形商工会議所、神岡商工会議所、廿日市商工会議所に表彰状を授与。大賞を受賞した松山商工会議所が事例紹介した。
 また、日商観光委員会共同委員長・須田?氏が各地で活発に取組まれている各地商工会議所の観光事業の現状と今後の方向性について報告した。
 続いて、東北各地の有力な観光資源である青森ねぶた祭や仙台七夕まつりなどの夏祭りをもっと全国に発信するため「東北夏祭りネットワーク」が組織の拡大を宣言し、新たに32の祭りが加わり、加盟する夏祭りは38となった。
 基調講演は2氏が行った。初めに北海道大学観光学高等研究センター長・北海道大学大学院観光創造専攻長の石森秀三教授が「次世代型ツーリズムの思想と手法」題し講演。石森教授は大都市圏を起点とする"発地型のツーリズム"と、地域が主導する"着地型ツーリズム"の違いに触れた上で、「大事なことは顧客の欲求や心に触れる旅になっているかどうかである。顧客主導型のツーリズムを実現するには青森ならではの資源の再編集や仕組みづくりこそが重要になる」と訴えた。
 また、日本を代表する料理人であり、潟tードアトリエ代表取締役社長の熊谷喜八氏は「味な夢に翔ぶ」と題して世界中を旅した経験をまじえながら料理との出会いや食文化等について基調講演した。この中で熊谷氏は「青森県は食資源の宝庫である」とし、豊かな資源を本県の食と観光立県づくりにいかすことを提言した。
 (社)日本観光協会常務理事・丁野朗氏をコーディネーターに行われたパネルディスカッションでは、「旅と健康」〜新しい価値創造に向けて〜をテーマに、石森教授、JTBヘルスツーリズム研究所所長の高橋伸佳氏、温泉トラベルデザイン研究所代表の石井宏子氏、(社)青森県観光連盟専務理事の九戸眞樹氏の4人がパネリストとして提言と意見交換。大会の最後には、「健康」をキーワードに地域資源を見つめ、多様な観光プログラムの創造に向けて中心的な役割を果たすことを宣言する「青森アピール」を満場一致で採択した。
 夜には交流会が開かれ、親睦を深めた。
 大会2日目は、「健康への旅のすすめ」「世界自然遺産から学ぶヘルスツーリズム」「食の魅力と八戸流ヘルスツーリズム」の3分科会に分かれ、観光先進地の事例発表や意見交換などが行われた。次回開催地の北九州商工会議所・下関商工会議所の参加者一同が壇上から、「来年は北九州市で会いましょう」と挨拶した。

「健康」キーワードの観光促進

「青森アピール」(全文)

 青森市で開催された「平成22年度全国商工会議所観光振興大会」において、「健康」をメインテーマに新たな着地型観光プログラムを推進することを盛り込んだ下記の「青森アピール」が満場一致で採択された。

      記

  1. 商工会議所は、「健康」というキーワードから地域資源を見つめ、多様な観光プログラムの創造に向け中心的な役割を果たす。
  2. 商工会議所は、季節によってばらつきのある観光の底上げを図り、その季節、その土地ならではの観光資源を磨きあげ、全国の商工会議所ネットワークを活用した新たな観光商品・サービスの創造と、その情報発信・誘客促進に取組む。
  3. 商工会議所は、地域の「光」と「個性」を活かした新しいまちづくりと一体となった観光立"地域"の具体化に向けて行動する。

       以上


 東北夏祭りネットワークの結成式

「きらり輝き観光振興大賞」表彰式

参加1,200人 「観光振興大会 in 青森」が注目


 ようこそ青森へ!女性会がお出迎え

 オープニングを飾った津軽三味線演奏

 夜の交流会で衣装替え。三村知事が3枚目の衣装「大間のマグロTシャツ」姿で歓迎の挨拶後、乾杯


 「よいしょ!」大会関係者が舞台上で鏡割り

 「関門でお会いしましょう」。
次回開催地の北九州及び下関両商工会議所役員らが舞台で挨拶

 全国観光振興大会2日目エキスカーション
「旅と健康」モデルコースを行く
青森で4コース 一番人気は「のっけ丼」コース

 全国観光振興大会は2日目の2月4日、青森市と西目屋村、及び八戸市で分科会を開催。その後、参加者は今回の大会テーマ「旅と健康」に沿って設定されたモデルコースの中から、自分の好きなコースを選んで実際に現地に足を運び体験旅行した。
 青森市では4つのモデルコースが設定され、このうち一番人気は古川市場で今話題の「のっけ丼」などが味わえる「青森街てく観て!味て!!探検!!!ねぶた体験」コースで175人の参加。次いで「青森の歴史・文化・芸術体験」コース、「八甲田山空中散歩体験」コースの順。初めての八甲田の雪に歓声を上げる人もいた。
 弘前市では「津軽の郷土料理けの汁・城下町、ねぶた体験」コースに61人、八戸市では「グルメな街八戸の魅力発見」コースに55人の参加があった。

人気一番。
古川市場で名物「のっけ丼」の具を選ぶ参加者たち



縄文時代はどんな暮らし?
三内丸山遺跡を視察する参加者たち

「意外と難しい!」。
青森市スポーツ会館の氷上でカーリングの体験

雪山なんの!八甲田山でスノーシュー体験

板画家・棟方志功記念館でしばし作品の観賞

トップへ     つぎへ