雪 華


雪華(ゆきはな)
女性会版42号
会長 元木 篤子

 

新年によせて

 
会長 元 木 篤 子
 

 新年あけましておめでとうございます。
 2011年新春を迎え、謹んで皆様にご挨拶を申し上げます。
 日頃、商工会議所女性会の活動と運営にご理解とご協力を頂きまして深く感謝申し上げます。
 昨年は待ちに待った東北新幹線全線開業を熱気と興奮の中「ようこそ!青森へ」の思いを込めて、お客様をホームでお迎えできましたことは大事な思い出となりました。
 また、黒石、郡山、宮崎と商工会議所女性会連合大会へ参加して、思いやりや助け合いの絆を結び、女性の笑顔が地域を元気にし、社会を変える大きなエネルギーと成りえることを感じることができました。
 本年も卯年の如くピョンピョン跳ねながら、指針にもありますように「個として光り」、青森の美しい自然や良き伝統、文化を愛し、「凛」としてたくましく、行動する女性として、地域経済が回復につながり、心豊かな社会へ向けて、事業活動を会員一丸となって取り組んで参りたいと存じますので何卒よろしくお願い申し上げます。
 2011年が会員皆様にとりまして、夢多く、穏やかな素晴らしい年でありますよう祈念申し上げ、新年のご挨拶と致します。


全国商工会議所女性会連合会
 第42回宮崎大会に参加して

山 中 レイ子

 明けて昨年10月15日〜17日宮崎全国大会に青森県から35名の参加でした。羽田空港から2時間、12時20分に宮崎空港に到着しました。
 初日は宮崎県庁を視察、人気の東国原知事にご挨拶。フェニックスシーガイアリゾートにて懇親会に入り、全国からの参加者で会場は熱気で溢れ、郷土を代表するアトラクションや郷土料理でおもてなしの心が伝わりました。2日目は全国から2千5百名の参加者で会場を埋め尽くし、式次第が進み、全国女性連の吉川さんのご挨拶に「地域社会を元気にするには地域唯一の総合経済の団体であり、心豊かな社会の再構築を目指して行動する女性会でありたい。」とのお言葉に感動と勇気をいただいて参りました。
 また、女性起業家大賞最優秀賞に坂本恵子氏が受賞され、女性起業家のパワーが景気回復につながる事を祈って会場を後にしました。バスに乗り車窓から日南海岸の美しい花を見て、青島神社、鬼の洗たく岩を見学しました。霧島山上ホテルに1泊、夜の懇親会では弘前、八戸、十和田、五所川原、むつ、青森の女性会の皆様が集まり、今までにない楽しい交流を深めました。
 3日目、バスに乗りホテルを出て、活火山の中で極めて活発な桜島を見ました。海を隔てて眺めるのも美しく雄大な山容と天を焦がす噴煙、山裾を巡る溶岩原は素晴らしいものでした。
 次は鹿児島中央駅を視察して鹿児島空港を後にしました。私は初めての九州。全てに感動し、大変素晴らしい大会でした。
 次回、第43回浜松全国大会は平成23年10月6日・7日です。皆で参加しましょう。


宮崎県庁にて


霧島神宮にて


 女性起業家育成講座に参加して 

高清水 勇 子

 例年行われる若手後継者等育成事業では、女性起業家の方々のお話を聞けることをいつも楽しみにしておりましたが、今回のブックオフコーポレーション㈱代表取締役会長 橋本真由美様のお話は以前から興味があり、特に我が家でも話題にしていた方だったのでワクワクしながら会場に入りました。
 専業主婦として長年過ごされ、あることがきっかけでパートとして働き始めたことから、今日の会長というお立場に就かれるまでのお話でした。「ただの専業主婦が…」とよく耳にしますが、いえいえ、とんでもない。主婦の立場からの目線を大いに活かして細やかな行き届いたサービスを実現させ、結果、部下の心をも動かし、閉鎖の危機を迎えていた店舗を見事復活させたそうです。“陳列方法を「出版社毎」から「作家毎」にした”“女性客が夜間でも安心して入れるように照明を増やして明るい店内にした”“「高価買取します」という上から目線をやめて、「お売りください」というフレーズに変えた”などは、正に、主婦・女性ならではの目線が活かされた点だと思います。見事復活を果たした従業員一同の団結力が、自主性をますます高め、さらに個々の能力が向上していったそうです。最後におっしゃった言葉の「いつか○○しよう!とか時間が出来たら○○しよう!ということがあったら、ぜひ、今すぐしてください!」が心に残りました。長年連れ添ったパートナーを亡くされてのお言葉でした。仕事だけでなく、子育てと主婦業も…という今の自分の立場を見つめ直し、決して気張らずに!と教えて頂いたと思ってます。
 生き方、働く姿勢、向上心に共感を覚え、精神力と元気を頂いた講演でした。


きらきらみちのくで行く下北見学会

今 川 銈 子

 秋日和のいい日、青森駅発11時40分(つがる16号)。乗り換えて野辺地発きらきらみちのく号へ。
 特製の弁当を手に車内へ移動 国産最高級の大間のまぐろ(あぶり)、シャモロックスープの炊き込みご飯、むつ湾の大玉、ほたての照り焼き等々風味豊かな食材を一品一品堪能しました。
 一路下北へバスで本州最北のワインワイナリー見学。夢かまぼろしか!信じがたい話は10年余前、川内町長菊地さんの挨拶の中に一言ありました。現在、見事成功を収めました。ぶどう畑管理責任者藤田景吉さんはご苦労の連続だったでしょう。
 ふるさと川内町は新しい産業として収穫〜醸造まで夢は大きな希望になりました。
 “下北ワイン”を試飲し、好みのワインを買い求めました。ふるさとの元気は明日の元気に繋がりました。笑顔いっぱいの一日でした。


きらきらみちのく号前にて

川内町サンマモルワイナリーにて


おめでとう全線開通「はやて」夢をのせて

佐 藤 茂 子

 昨年の12月4日東京−青森間全線開通し、3時間20分で結ぶ夢が数十年の永い時を経て実現する日が来ました。私達女性会では事業計画の一つ、「新幹線おもてなし事業」としてお出迎えする事になっておりました。その日はあいにくの悪天候でしたが駅車内はどこも人の波でいっぱいでした。
 お出迎えする列車は盛岡、仙台、東京発の一番列車。到着時間が間近に迫り、「あ!来た!来た!」の声にワクワクし、今迄、寒さをこらえていた事などどこへやら。ホームへ滑る様に入る「はやて」の姿に釘付けとなりました。列車から下りる人々の顔は満足そうな笑顔でした。
 私達も負けず劣らずの笑顔と美声を張り上げて、横断幕を掲げ「ようこそ青森へ!」と歓迎し、観光で二度、三度と足を運んで下さいますようにと願いを込め、お出迎え致しました。今、「はやて」を目の前にして、かつて寝台列車で上京し、騒音と振動に悩まされた苦い思い出が頭をかすめ熱いものが…。
 開通された機会に足を延ばして見ようかと大きく夢が膨らみました。全線開通により地域全体が元気になってくれます事を願いながら、此の記念すべき日に参加出来ました事を感謝致します。


「ようこそ青森へ」12月4日新青森駅に到着した観光客らを笑顔でお出迎え



女性会冬の陣「岩木散策会」に参加して

中 山 瑶和子

 今年のミニツアーはあまりに長い猛暑が続いたせいもあってか冬の陣がすっかり秋の陣の気分になっての出発です。バスの中は小春日和いっぱいのポカポカ陽気。懐かしの童謡を女学生気分になって声高らかに合唱、そして、輪唱。皆が夢中になって楽しい雰囲気の中、あっという間に百沢温泉に到着です。
 まずは高照神社を見学。津軽為信公、第四代藩主信政が祀られており日本でも珍しい神道の建築様式で国や県の重要文化財です。鳥居は弘前城に向かっており、津軽藩の想いがヒシヒシと伝わってきます。初めての高照神社はあまりに奥が深くもっと勉強し、知識を得てから改めて訪れたいところでありました。
 次はパワースポットで今、話題の岩木山神社。いつ来ても何か強い力を感じます。津軽郷土人の生活と心の拠りどころとなっている津軽一ノ宮。約1200年の歴史と開運招福の神として崇敬されてる由緒ある岩木山神社に我々女性会一行はそれぞれの思いを込めて皆で参拝いたしました。さすが商売を大切にされてます商工会議所女性会の皆様です。
 さて、いよいよ一番楽しみにしておりましたお昼の時間です。向かうは「アソベの森いわき荘」ご当地の食材がいっぱいのお料理と冷たいビールの乾杯は仕事と家庭を頑張っている自分へのご褒美です。“ありがとう!!”温泉に浸かるも良し、ゴロゴロするも良し、おもいっきり寛いだ一日でありました。女性会事務局の三上さんサポートお疲れ様でございました。


高照神社にて

岩木山神社にて


新メンバーご紹介

氏  名 金 澤 朝 子
     (かなざわ あさこ)

事業所名 ポーラ化粧品新石江営業所
住  所 青森市篠田3−13−23
TEL017−766−6536
FAX017−766−6536
 カウンセリングやエステティック、デイリーケアなどを通じて、お客様との信頼関係を築き、生涯にわたって、一人一人の「キレイ」をトータルにサポートさせていただいております。
 どうぞよろしくお願い致します。
氏  名 小 山 真 美
     (おやま まみ)

事業所名 ㈱小山
住  所 青森市花園1−5−13
TEL017−741−4211
FAX017−741−4215
 当社は家庭紙、洗剤、業務用品、日用品雑貨等を取り扱う卸売業です。
 創業82年、地域に密着した日用品雑貨卸売業として、迅速かつ丁寧にを心掛けております。アイテムも数多く揃えておりますので、多少にかかわらずご用命下さい。どうぞ宜しくお願い致します。
氏  名 珍 田 紀 子
     (ちんだ のりこ)

事業所名 (千一せんいち)ちんだ
住  所 青森市長島1−6−4
TEL017−723−1001
FAX017−723−1003
 創業90年。柳町大通りに店舗があります。この度、四代目として店に入りました。お線香が約180種類。ローソクが約130種類。仏具なども販売しております。親身にお客様のお手伝いをさせていただきます。

まえへ    トップへ