特 集

東北新幹線全線開業前の10月25〜11月28日

「とことん青森 in 東京」開催

青森の魅力を集中的にPR

 平成22年12月4日の東北新幹線全線開業に向けて、県と県観光連盟は8月24日に首都圏で予定しているオープニングキャンペーン「とことん青森 in 東京」の概要を発表した。
 期間は10月25日から11月28日までの全35日間。中核イベントの「とことん青森MAX in 原宿表参道」を中心に、首都圏の量販店などで開催される「青森フェア」や企業誘致に向けた「産業立地フェア」などを開催し、開業直前に本県の魅力を集中的に売り込む。

中核イベント「とことん青森MAX」を展開

 「とことん青森MAX in 原宿表参道」は、本年1月に開催した「とことん青森2010 in 原宿表参道」に続き、青森県の魅力を最大にPRするという意味から「MAX」と名付け、原宿表参道、明治神宮、表参道ヒルズ他を会場に10月25日から全14日間、商店街振興組合原宿表参道欅会と明治神宮の協力を得て、街自体が青森県のPR会場となるようなイベントを実施する。期間中は表参道にバナーフラッグを掲出し、表参道のカフェ及びレストラン30店舗で県産食材を使用したスイーツや料理メニューによるフェアを展開する。


表参道バナーフラッグ掲出
※写真は「とことん青森2010 in 原宿表参道」での実施例

青森四大祭り競演
※写真は「とことん青森2010 in 原宿表参道」での実施例

 

明治神宮で四大祭り競演

【とことん青森 MAX in 原宿表参道の実施エリアマップ】

 明治神宮では、10月30日から11月1日までの3日間、青森ねぶた、弘前ねぷた、八戸三社大祭、五所川原立佞武多の青森県の夏の四大祭りの山車を設置し、それぞれのお囃子を順番に鳴り響かせる「四大祭り競演」を実施する。
 明治神宮第一駐車場では、四大祭り会場と一体となった「青森ご当地グルメ屋台村」を11月3日までの5日間実施するほか、11月6日と7日には、表参道ヒルズを会場に、東京と青森をITでつなぎ、双方向な情報交流ステージイベントを実施するとともに、青森県ならではの様々な特産品などの販売も行う。
 また、ラフォーレ原宿では、10月26日から31日までの6日間、縄文から着想を得たアーティストによる「“Jomo-T”展〜縄文×Tシャツアート展」が開かれる。

首都圏を中心に青森フェア開催

 キャンペーンの後半には、11月11日〜14日にジャスコ津田沼店、11月17日〜22日にイトーヨーカドーアリオ橋本店など、首都圏の百貨店や量販店等で青森フェアを実施するとともに、11月15日にはホテルグランドパレスで産業立地フェアを実施。太宰治生誕100周年を記念し、2009年に県内で上演され好評だった演劇「津軽」も、11月27日〜28日に全労済ホールで上演される。


トップへ     つぎへ