特 集

新幹線開業の機運盛り上げ!

開業200日前
記念イベント


開業へ市民の協力を訴える林会頭

市長、会頭ら
率先PR


開業PRに婦人の踊り

鹿内市長奄ェ花苗プレゼント

 「さあ! あと200日。市民が力を合わせて開業機運をもっともっと盛り上げよう」。

 新町のパサージュ広場で5月18日、「新青森駅開業200日前カウントダウン記念イベント」が開かれた。東北新幹線全線開業日の決定を受けて、新青森駅開業対策事業実行委が主催したカウントダウンのイベント。仕事帰りのサラリーマンや主婦ら約300人がクラッカーを祝砲として打ち鳴らし無料で振る舞われたホタテ汁に舌鼓を打った。

 午後5時前、同広場に賑やかなねぶたばやしが響き渡ると道行く市民が次々と足を止めた。「一路青森」の掛け声とともに、参加者が一斉に200個のクラッカーを鳴らすと、会場は拍手と笑顔に包まれた。

 鹿内博市長は「開業日の12月4日はゴールではなく、新しい時代のスタートです」と力強く挨拶。同実行委の林光男委員長は、今後も予定している開業記念イベントに対する市民の強力と参加を呼びかけた。

 ホタテ汁は、市内の漁協婦人部で構成する「青森市浜の味普及会」と「県エルビーガス協会東青支部」の協力で振る舞われた。鍋から漂う熱々の湯気と食欲をくすぐるにおいに誘われるようにして、市民の長い列ができ、用意した200食のホタテ汁はすぐに“完食”となった。また、青森市のまちを花いっぱいにしようとの思いを込め先着200人にペチュニアの花苗がフレゼントされた。

 このほか合間には、日本民謡協会青森中央支部による津軽三味線演奏や手踊り、新幹線新青森駅開業応援ソング「一路青森 君は今旅人」(青い風)が披露され、開業200日前のイベントを楽しんだ。

 同実行委は今後、カウントダウンとして▽150日前▽100日前▽30日前の節目にイベントを開催し、機運を盛り上げていく。


各種の取り組み加速

 新青森開業対策実行委

 青森市や青森商工会議所、青森観光コンベンション協会など38団体で構成する「新幹線新青森駅開業対策事業実行委員会」では、12月4日の新幹線新青森駅開業に向けて、開業キャンペーン、記念事業・開業イベント、市民意識の醸成、青森力を高める・つなぐを「4つの大きな柱」に各種事業を推進しており、間近に迫ってきた開業に向けて各種取り組みを一層加速していくこととしている。主な事業は次のとおり。

1.開業キャンペーン

 首都圏等での観光キャンペーンの展開、県と連携した効果的なPR展開のほか、ねぶた祭など青森地域でのプロモーション、「(仮)青森ねぶたお祭り広場」の開催等を予定。

2.記念事業・開業イベント

・カウントダウンイベント
  開業日決定とともにカウントダウンボードを設置したほか、開業150・100・30日前など区切りに市民機運を高めるイベントを実施する。
・新青森駅開業イベント
  市民歓迎演奏、笑顔の出迎え・案内、一番列車歓迎アトラクション、振る舞い等の開業日歓迎セレモニーを実施するとともに、特設ステージでの開業日歓迎イベント、土日イベント、年末年始イベントなど歓迎ステージイベントや開業歓迎パレードを実施する。
  また、開業日から1ヶ月程度、屋外イベントとして、歓迎ディスプレイなどを設置する。
・青森四季のメインイベント
  開業後の「冬のイベント:(仮)食と灯の祭典」を平成23年2月に開催。平成23年の春には「(仮)北海道・東北B−1グランプリ in AOMORI」、夏には、ねぶた祭の会期延長などを視野に本年度実施のねぶた祭お祭り広場の評価を踏まえ検討、秋には「(仮)おいしい秋の収穫祭 青い森のハロウィン 光のパレード」を開催する。
・開業記念セール
  大型店・市内商店会共同セール、消費還元セールなどを実施する。

3.市民意識の醸成

 統一テーマ「一路青森」の活用とともに、おもてなしの心の推進・観光事業者のホスピタリティの向上に向けて、市内イベントでの「新幹線広場」など啓発イベントの開催や市民参加のおもてなしシンポジウムの開催、笑顔でおもてなし研修「ラブあおもり」サポーター育成事業、キレイなまち大作戦、おもてなし冊子・おもてなし看板の作成、観光ガイドパワーアップ研修
などを実施する。

4.青森力を高める・つなぐ

・まちなか観光資源の整備充実
  中心市街地の「まち歩き」を楽しめるメニュー作りや、関連イベント開催、まち歩きマップ作成など予定。
・観光ブランド商品の確立
  浅虫・八甲田地域の観光ブランドの商品化支援、宿泊+2次交通セットプラン等を促進する民間への支援など2次交通アクセスモデル形成事業の実施。
・「食」の戦略
  青森らしい弁当の開発・支援、あおもり寿司クーポン事業、古川市場「のっけ丼」の機能充実などの新サービス強化支援事業、食の魅力発信モデル形成事業、旬の食材宣言事業の実施。
・戦略的な情報発信
  食の総合情報誌の作成や首都圏主要駅掲出の観光PRポスターの作成など旅行商品造成促進事業、魅力発信PR事業の実施。


トップへ     つぎへ