むなかた・しこう
青森市生まれ。
はじめ独学で油絵を始め、昭和3年雑園で帝展に初入選した。
同年版画の道に入る。
昭和11年国画会へ「大和し美し」出展。
昭和12年「華巌譜」発表。
以来、「善知鳥版画巻」「釈迦十大弟子」「鐘渓頌」「女人観世音板画巻」「流離抄」「勇然する女者達々」「華狩頌」「柳緑花紅頌」等の名作を発表。
昭和30年国際版画大賞(出展作品「釈迦十大弟子」)。
昭和44年青森市名誉市民第1号称号。
昭和45年文化勲章(青森県民初)。

昭和50年、東京都において死去。享年72歳。



せきの・じゅんいちろう
大正2年。青森市に生まれる。
根市良三、佐藤米次郎らは関野の同期生。
今純三にエッチングの指導を受け、上京後は恩地孝四郎に師事。
昭和10年、帝展に銅版画、日本版画協会展に木版画が初入選。昭和26年銅版画研究所(火葬場町銅版画研究所)を開設。リトグラフやコラグラフなど様々な版画技法に挑む。
アメリカ・ノースウェスト国際版画展等で受賞。昭和50年、芸術選奨文部大臣賞を受賞し、その地位を確立。
旅の画家として知られ、代表作に「東海道五十三次」「奥の細道」等の街道シリーズがある。



むなかた・まっか
大正元年、青森県東津軽郡荒川村に生まれる。
刑務所の事務官として勤務する傍ら、雪国の風土に培われた木版が似傾倒していく。
東京都府中市に転居してからは、本格的に版画製作に取り組み、国展、文展等に相次いで入選、版画家としての地位を確立。
棟方志功や下澤木鉢郎等と日本版画院を設立。府中刑務所在職中から矯正教育の一環として、矯正施設等で版画製作を指導し、矯正教育功労により勲六等瑞宝章を受章している。
昭和49年、定年退職してからは日本板画院会長に就任し、後進の指導に当たるとともに、ますます熱心に版画制作に打ち込み、府中市や青森市等で個展を開催している。
末華の伝統的な技法による木版画作品は、独特の力強さと 緻密さで知られる。



こん・じゅんぞう
明治26年、青森県弘前市に生まれる。
明治42年、太平洋画家会研究所に、翌年は葵補洋画研究所に入会。
明治45年、本郷絵画研究所に入所し、文展に入選。白馬会に出品。大正8年には帝展に入選した。
大正12年、関東大震災に被災し帰省、青森市で個展を開催する。このころより石版画やエッチングの研究を始め、大正13年に弘前市で個展を開催。
大正15年には青森市の印刷会社啓明社に勤務する傍ら石版技法の研究も始める。以降、青森県師範学校囑託教授や東奥美術展会審査員をつとめる。
昭和10年、エッチング連作「奥入瀬渓流」とエッチング小品集の連作に着手。
昭和12年、雑誌「エッチング」に「私のエッチング技法」を連載。昭和13年、第13回春台展にエッチング18点を出品。



しもざわ・きはちろう
明治34年、青森県弘前市に生まれる。
大正10年、日本水彩画展と光風会展に入選。
大正13年に日本水彩展と帝展、中央美術展に入選。翌年、日本水彩画会会員に推挙。
昭和3年、日本小策版画協会会員に推挙。この年、テンペラ画会結成。
昭和9年、パリ現代日本版画展入選。フランス国立図書館に作品買い上げ。昭和10年、ロサンゼルス世界版画展入選。
昭和15年、国展褒状を受ける。紀元2600年奉祝展出品。昭和18年、国画会会員推挙。昭和21年、日展委員。
昭和27年、日本版画協会を退会し、日本板画院結成。昭和32年、東京国際版画ビエンナーレ展出品。
昭和36年、県褒章受賞。昭和41年、国画会40周年功労賞受賞。昭和57年、紺綬褒章受章。